トップページ
イベント
トピックス
ショップガイド
グルメ
シネマ&エンターテイメント
交通アクセス
マップ
ブログ
万代シティレンタルルーム

前月までのイベント
今月以降のイベント
HOME > 万代シテイの歴史
万代シテイのこれまで万代シテイのこれから万代シテイの歴史

万代シテイのこれまでBackground

万代シテイは、新潟交通バスターミナルである「万代シテイバスセンター」を中心に、ホテルやアミューズメント施設、大型スーパーなどを有する一大商業地区として、1973年11月に誕生しました。
その後1984年に新潟伊勢丹、1996年に万代シテイビルボードプレイス、2007年にラブラ万代と大型商業施設が続々とオープン。
現在まで新潟市随一の高感度ファッションエリアとして発展を重ねてきました。

開発から誕生まで
中心市街地2万坪の利用

開発のきっかけとなったのは、上越新幹線と関越自動車道の計画発表。
経済・文化の様変わりが予想され、新潟市の真ん中にある2万坪もの土地を最大に有効利用することが、新潟市が発展する大きな足掛かりにもなると考え、1970年、新潟交通株式会社内に万代シテイ開発プロジェクトを発足しました。

市民の声を取り入れた街づくり

新潟交通は新潟市民に、「この地域に何を望んでいるか」を聞き込み調査し、その結果を基に、街づくりの設計図を作成。そのため、各ビルを歩行者が地上に降りることなく移動できるペデストリアンデッキ(空中歩道)など、当時としては画期的なアイディアが盛り込まれました。
1972年7月オープンの「シルバーボウルビル(後の三井不動産商業施設)」、1973年には「ダイエー新潟店(後のラブラ万代)」と「バスセンタービル」が営業を開始し、第1期計画の施設群が完成。

こうして1973年、万代シテイは誕生しました。

その後も続々と商業施設がオープンし、数多くの商店で構成された現在の万代シテイの原型が完成しました。

page top

万代シテイのこれからIn Future

街なかライフスタイルの再提案
信濃川、やすらぎ提という水辺空間と、ファッションエリアの調和

水辺、緑とのふれあいの場、子供・ファミリーの遊び場、夫婦のくつろぎの空間等、郊外ショッピングセンターにはない街なか空間創出を提案。街でお買い物を楽しんだり、自然とふれあったり…。
お一人お一人のライフスタイルに合った、素敵な時間をお過ごしください。

新潟のハレ舞台を演出

憧れの生活シーンや、ちょっと背伸びをしたり、いつもと違う気分になれる場所を演出。
カップル、友人、ファミリー、夫婦にとっての特別な時空間となる店舗の集積、空間の創出を目指します。
テーマパークにいるような、日頃の生活とはちょっと違うワクワクする時間を感じてください。

page top

万代シテイの歴史History

1972.07 新潟交通シルバーボウルビル オープン
1973.11 バスセンタービル オープン
レインボータワー開業
ダイエー新潟店 オープン
万代シテイ誕生
1975.06 万代シルバーホテルビル オープン
1975.07 紀伊国屋書店 オープン(旧店舗、現在はラブラ6F)
1975.11 三越エレガンス オープン
1976.11 ヤマハ新潟センター オープン
1979.08 マクドナルド オープン
1981.07 万代シテイ第一駐車場ビル オープン
1983.08 ミスタードーナツ オープン
ケンタッキーフライドチキン オープン
1984.03 万代シテイ第二駐車場ビル オープン
1984.04 新潟伊勢丹 オープン
1984.12 万代シネモールビル オープン
1985.12 新潟市民映画館シネ・ウインド オープン
1987.10 エフエムラジオ新潟開局
1988.04 万代シテイ第三駐車場ビル オープン
1989.06 テレコムビル オープン
1992.08 新潟フェイズ オープン
1996.10 万代シテイビルボードプレイス オープン
1997.12 「万代クロッシング」供用開始(国道7号線地下参道)
2001.07 T・ジョイ新潟万代 オープン
2001.10 万代シテイBP2 グランドオープン
2002.09 新潟アルタ オープン
2003.05 朱鷺メッセ オープン
2003.11 万代シテイ30周年
2005.11 ダイエー新潟店閉店
2007.03 ラブラ万代 オープン
2010.03 街路灯整備
2012.03 ガルベストン通り歩道拡張整備
2013.04 新潟日報メディアシップ オープン
2013.11

ラブラ2 オープン

万代シテイPRキャラクター「ばんにゃい」誕生

2016.01 NGT48劇場オープン